栗東会議-トップページキャプチャー・概要・HP特徴

栗東会議-トップページキャプチャー・概要・HP特徴

サイト名:栗東会議
URL:http://j-research.net
メールアドレス:info@j-research.net
販売業者:株式会社 D-plus
2017年4月20日更新

0

栗東会議のHPから見たサイトの特徴

▼▽イベント情報▼▽

今週末、匠の七福神馬券!!激アツイベント開催予定で御座います!!
詳細はまだ明かせませんが、かなりの激アツ企画になっております!
販売開始は明日8月25日を予定しておりますので是非、ご期待下さい!!
尚、今回参加定員数が決まっておりますのでお早目のポイント追加をお勧め致します。

▼▽無料コンテンツ▼▽



重賞あらかると
2017年4月22日(土)
福島牝馬ステークス(GIII)
ブリガアルタ 前走:4歳以上1000万 1着
先に行われた阪神牝馬S・中山牝馬Sと比べてもメンバーの落ちる福島牝馬S。ヴィクトリアマイルの前哨戦といった位置付けでありながらも本番には直結し難いレースでもある事からも、単純な人気馬や実績馬のみで馬券を固めるのは非常に危険なレースです。コース実績など適性面も踏まえて相手を探してみるのも良いでしょう。
中でも面白いのは尾形和幸厩舎のブリガアルタです。1000万を勝ったばかりの格上挑戦となりますが、中山・福島に良績が集まっているように小回りを得意とする立ち回りの上手さが身上で、2戦2勝を挙げているこの福島参戦は当然狙ってのもの。ややレース間隔が開きますが、もともと鉄砲駆けする馬だけに休み明け自体は割引材料にはなりません。陣営も「天栄から帰ってくる度に良くなってるんだよね」と今なお成長を感じているようで、4歳春にしてまだ7戦、まだまだ伸びしろを秘めている可能性は十分。福島だからこそ一枚持っておきたい1頭です。


2017年4月23日(日)
読売マイラーズカップ(GII)
フィエロ 前走:高松宮記念 5着
マイルCS2年連続2着を始めハイレベルレースの好走歴からも持っている能力はGI級のそれ。ゆえに無駄にハンデを背負わされてしまう立場が災いし未だ重賞未勝利、長らく勝ち星からも遠さかってしまっているフィエロ。3年連続で1番人気を背負いながらも年を追う毎に次第に着順を落としているマイラーズカップに今回4度目の参戦です。昨年の鞍上はコザメこと鮫島良太ジョッキー、先の大阪杯におけるステファノスの勝負調教では当サイトの馬券的中における影の立役者でもあり栗東でも「調教名人」と呼ばれているものの、実戦ではからっきしのタイプ。むしろ昨年はあれだけ大ヘグリを見せながらも4着まで来ていると見るべきでしょう。
8歳にしてトップハンデを課せられてしまった京都金杯でも3着と格好をつけているように、やはり京都マイルという適正だけを見ても絶対に外せない馬であるのは間違いありません。実は福永ジョッキーとのコンビも[2.1.1.1]と好相性で、エアスピネル、イスラボニータあたりが人気を吸い上げてくれる今回は気楽な立場で乗れるのもなにより。無謀に見えた宮記念への参戦もあの道悪で5着ならばむしろ能力の成せるワザ。本来時計の出る京都でこその馬だけにここは巻き返してくれるでしょう。あくまでも京都マイルがベストといった意味では安田記念よりも今回こその馬。上位人気の馬達と同斤量で出られるここがもしかすると重賞制覇のラストチャンスになるかもしれません。


カナヤマホールディングス [馬主]
福岡を拠点に遊戯関連事業を展開している新興馬主カナヤマホールディングス。現4歳世代も3頭ほど所有しているが、特に今年の3歳世代から力を入れており現役馬で14頭を保有。中でもメイソンジュニアはNHKマイルこそ回避となってしまったが、ファルコンステークス3着、ニュージーランドトロフィー2着と早くも重賞戦線で活躍できる有力馬を輩出している。

新興馬主台頭の裏には強力な関係者の存在が欠かせない。このオーナーもご他聞に漏れず、元調教師の領家政蔵氏が馬係をつとめており、九州出身者ならではの固い結束が見て取れる。領家氏といえば現役調教師時代には非社台生産馬を中心に年間30勝前後をマークしていたようにその相馬眼には定評があり、この馬主の所有馬も渋めのラインナップが揃っている。資本力のあるオーナーだけあって社台系の馬も数頭ほどだがセールで落札しており、相談役の領家氏が社台系の生産馬をも素材発掘の対象にできるとあらば今後はさらなる活躍馬が出てくる可能性も十分高いと言えよう。(実際、社台系生産馬3頭の中にメイソンジュニアがいるのだから大したものである。)

オーナーのお膝元と考えれば小倉での勝負馬(今年の小倉は1戦1勝)を取り上げるべきだが、あいにく小倉開催は夏までおあずけ。今週は3歳未勝利馬が3頭スタンバイしているが、そろそろ未勝利のレベルも落ちてきただけに勝ち上がりのチャンスは十分。さすがに去勢明けのゴードンは走ってみないとわからないところはあるものの、いずれの出走馬もチェックをしておくべきだろう。

▼カナヤマHD・今週の注目馬▼
(土)京都5R バルベーラ
(日)京都1R エイドローン



▼▽有料コンテンツ▼▽



栗東会議予想結果


競馬情報会社.comの栗東会議評価・検証

★ ランク5
★ その他-ご意見などありましたら下記へお願いします。

ランクAサイト

栗東会議へ行く

このページの先頭へ